オールド・モダン・イタリアン・ヴァイオリン

Vincenzo Postiglione
Napoli, 1874
ナポリ・スクールにおいては実はやや異色のメーカーで、ガリアーノ・コピーの名手であった一方で、クレモナ・スクールの名器にも傾倒し、それらのモデルも製作した。こちらはアンドレア・ガルネリの影響が感じられるヴィオラの傑作。
Giuseppe Antonio Rocca
Torino, 1840
現在の研究では、ロッカは1838年にメーカーとして独立したと考えられている。初期にはプレッセンダ(プレセンダ)・モデルが多く、この楽器も典型的な初期の傑作である。前述のファニョーラ(ファニオラ)のパターンと比較すると面白い。

ここでは、Giovanni Francesco Pressenda (1777-1854)以降、19世紀末までにイタリアで製作されたマスター・ヴァイオリン※用語(およびヴィオラ、チェロ)をオールド・モダン・イタリアンとして分類します。

  • 前述の通り G.F.Pressenda 以降をモダン・イタリアンと分類する考え方もあります。歴史学上のモダン(近代)の区切りも、18世紀末〜19世紀初頭頃と考えるのが一般的です。ここでは弦楽器に於けるモダン期のうち、当初の多様性が集約されるまでの時期をオールド・モダンとして分類しました。

この時代における G.F.Pressenda に代表される Torinoスクール※用語の楽器は、 A.Stradivari 以来と言えるほどの高い実用性を実現した点において、特筆すべき存在です。Cremona 黄金期の頂点を担った A.Stradivari と Guarneri del Gesù 以降のマスター・メーカー※用語達は、各々が最良と信じる製作スタイルを貫きましたが、総合的な実力でこの2大名器を凌駕することは叶いませんでした。これに対し G.F.Pressenda は、2大名器の実力を再び見直し、それに負けない美しい音色と力強い音量をバランス良く発揮させる製作スタイルを確立しました。このことから、いずれ寿命を迎え失われていくであろうオールド・イタリアンに代わり、次世代の最高の名器の座に就くのは G.F.Pressenda であろうと言われています。同様の思想は Giuseppe Antonio Rocca (1807-1865)など、これに続くマスター・メーカー達に引き継がれ、モダン・イタリアンへと繋がる源流のひとつになります。

  • Torino は地理的にイタリアとフランスの交易の中継点となる地域です。この頃フランスでは、A.Stradivari を中心とする Cremona 黄金期の名器を高く評価する、今日に繋がる価値観が支配的となり、イタリアからそれらの名器が大量に持ち込まれました。当時の Torino のメーカー達は、こうした時代の流れを察知できる環境に恵まれていたという背景があります。

その他の代表的なスクールとしては、Enrico Ceruti (1808-1883)から Gaetano Antoniazzi (1825-1897)へと繋がり、その後の Milano での隆盛の原点となった Cremonaスクール、Gaglianoファミリー※用語の子孫や Lorenzo Ventapane (w.1790-1843)らによる Napoliスクール、Raffaele Fiorini (1828-1898)が再興の祖となった Bolognaスクールなどがあります。 なお Torino では、 Antonio Guadagnini (1831-1881)や Francesco Guadagnini (1863-1948)など、Guadagniniファミリーの子孫も製作を行っていました。

この時代には、オールド・イタリアンの延長としての性格が強い楽器と、モダン・イタリアンの先駆けとしての性格が強い楽器が混在するのが特徴と言えます。前者は、メーカー※用語の個性が存分に発揮された楽器で、メーカー独特の音色を追い求めて製作されています。Napoliスクールはその典型と言えるでしょう。後者の典型は Torinoスクールや Bolognaスクールで、バランス重視で実用性に軸足を置いているのが特徴です。特に Torinoスクールの楽器は、上質な音色でソロ用途にも申し分ない音量を備えているため、ソリストを含む多くのプロフェッショナル演奏家が、メインの楽器として使用するケースも多いです。

オールド・モダン・イタリアンの中心的な価格帯は、2008年現在600〜4500万円前後です。中でも特に G.F.PressendaG.A.Rocca を中心とする Torinoスクールの作品は特に高く評価されています。

ページの先頭に戻る