イタリアのマスター・ヴァイオリン

ここでは、イタリアにおけるヴァイオリン製作の始祖(オールド※用語)から近代(モダン※用語)までのマスター・メーカー※用語について解説します。黎明期から近代まで、イタリアは傑出して多数の優れたマスター・メーカーを輩出しています。何故なら、ヴァイオリン製作発祥の地はイタリアのクレモナ(Cremona)とブレシア(Brescia)であり、常に製作技法で先んじていたからです。以下、イタリアのマスター・ヴァイオリン※用語(およびヴィオラ、チェロ)を、製作年代ごとに下記のように分類し、ご説明致します。