モダン・イタリアン・ヴァイオリン

Giuseppe Pedrazzini
Milano, 1924
このメーカー特有のパターン、師匠ロメオ・アントニアッツィの影響が現れているエッジやスクロールの仕上げ方など、典型的なペドラッツィーニ(ペドラツィーニ)。これ以上ない保存状態で、このメーカーの何たるかを知ることにも適した貴重な一挺。
Annibale Fagnola
Torino, 1924
深紅のニスが印象的なファニョーラ(ファニオラ)。この手のニスはトリノ・スクールによく見られ、このメーカーも割とよく用いた。御多分に漏れず、本人のラベルの下に、1827年のプレッセンダ(プレセンダ)の複製ラベルが貼られている。

20世紀の前半を中心に、主にイタリアで製作されたマスター・ヴァイオリン※用語(およびヴィオラ、チェロ)のことを、一般にモダン・イタリアン(またはモダン・イタリー)と総称します。この呼称はあくまで慣習に過ぎず、明確な定義はありませんが、ここでは以下に該当するマスター・メーカー※用語による作品をモダン・イタリアンと考えます。

  • 国籍または主な修行地がイタリアである
  • 戦前に生まれ既に鬼籍に入っている
  • 製作活動を行った時期に20世紀を含む
  • G.F.Pressenda 以降をモダン・イタリアンとする定義もありますが、ここではそれらの楽器を含めないことにします。

モダン・イタリアンの核となる代表的なマスター・メーカーとそのスクール※用語は、Stefano Scarampella (1843-1924)を代表とする Mantovaスクール、Leandro Bisiach (1864-1945)およびそれに協力した多数のマスター・メーカー達によって大成功を収めた Milanoスクール、Annibale Fagnola (1866-1939)を代表とする Torinoスクール、Augusto Pollastri (1877-1927)を代表とする Bolognaスクールなどが挙げられます。この時代になると、もはやギルド※用語は完全に消滅し、かつてとはスクールの意味合いが異なると考えた方が良いかもしれませんが、やはり作風の共通性は読み取ることができます。

モダン・イタリアン全般の典型的な特徴としては、音量と表現力に優れていること、つまり実用性が高いことが挙げられます。コンサート・ホールの隅々まで浸透する音量と、高度な音楽表現の欲求に確実に応えるポテンシャルが、支持を受ける理由に他なりません。

この一端を示す事実として、モダン・イタリアンは20世紀の名演奏家達から製作注文を受け、愛用され、あるいはレコーディングに使用されていました。A.Fagnola の楽器は A.Grumiaux によって、Marco Dobretsovitch (1891-1957)の楽器は J.Kubelík、B.Huberman、J.Heifetz によって、Marino Capicchioni (1895-1977)の楽器は D.Oistrakh、Y.Menuhin によって愛用されていたことは、そのほんの一例です。彼らは例外なく名器の頂点にある A.Stradivari や Guarneri del Gesù も所有していましたから、それらと持ち替えても違和感なく演奏を行える性能が評価されたとも言えるでしょう。

モダン・イタリアンの中心的な価格帯は2008年現在300〜1500万円前後であり、メーカー※用語の力量・人気により、価格相場は異なります。最も評価が高いのは S.ScarampellaA.Fagnola、および各スクールの筆頭となるメーカーなどです。

ページの先頭に戻る