フランスのマスター・ヴァイオリン

Claude Pierray
Paris, c.1720
オールド・フレンチの名器のひとつ。アウトライン、エフ孔、スクロールに至るまで、ニコロ・アマティの影響は明らかで、大変魅力的な楽器である。
Jean Baptiste Vuillaume
Paris, 1857
ヴィヨームの最高傑作に数えられる楽器。1715年製ストラディヴァリ "Alard" のコピー(ただしオリジナルの裏板は2枚板)。ヴィヨーム・ナンバーは2204番で、裏板の内側に鉛筆で記入されている。

フランスのヴァイオリン製作の歴史は、Amatiファミリー※用語に技法を学んだと考えられている始祖 Henri Medard (w.1620-1630)を筆頭とする Medardファミリーによって、Nancy の地で幕が開けられました。以降、18世紀末までのフレンチ・ヴァイオリンは、Amatiファミリーの影響を受けた作風が多いのが特徴で、Paris と Mirecourt を中心に、Claude Pierray (w.1700-1740)、Andrea Castagneri (w.1730-1762)などをはじめとして、優れたマスター・メーカー※用語が存在していました。

その後「フランスのストラディヴァリ」と賞賛される天才 Nicolas Lupot (1758-1824)の出現をきっかけとして、黄金期とも言うべき時代が幕を開けます。N.Lupot は、生地 Orleans でしばらく製作を行った後に Paris へ移住し、素晴らしい Stradivari のコピーを製作するようになりました。後継者の Gand Père こと Charles Français Gand (1787-1845)と Bernardel Père こと Auguste Sébastien Philippe Bernardel (1798-1870)もまた、素晴らしい楽器を意欲的に製作し、その後も共同の工房を構えるなどしながら、ファミリーは発展しました。

そして、もう一人の天才 Jean Baptiste Vuillaume (1798-1875)は、一級のマスター・メーカーであったと同時に、有能な実業家でもありました。ディーラーとして数多くの A.Stradivari や Guarneri del Gesù を扱ってもいたことから、これらの名器を誰よりも知り尽くしており、その知識は楽器製作に存分に活かされました。そして自作のみならず、多数のマスター・メーカーにも製作を委託し、自らが理想とする楽器を約3000挺も世に送り出しました。J.B.Vuillaume の委託を受けたメーカー※用語達が契約を終えると、一人の優れたマスター・メーカーに戻ったり、独自の量産ブランドを立ち上げたりと、それぞれに活躍しました。

その他にも Jean Français Aldric (1765-1843)、Charles Augustin Miremont (1827-1887)、Pierre Joseph Hel (1842-1902)など、独立した優秀なメーカーは多数存在しており、19世紀のフレンチ・ヴァイオリンの平均レベルは極めて高いものでした。

フランスの楽器は平均クオリティが高く、安定した実力を期待できるのが優位な点です。 18世紀末までの Amatiモデル※用語のフレンチ・ヴァイオリンは、ドイツの Tyrolスクール※用語の楽器に比べると、アーチが適度でボディサイズも標準以上の場合が多く、音色の良さはもちろん、音量面でも実用性を備えている楽器が多いです。また、N.Lupot 以降の楽器は総じて完成度が高く、最上級のものは一流演奏家をも満足させる能力があります。例えば J.B.Vuillaume は Niccolò Paganini (1782-1840)や Fritz Kreisler (1875-1962)のかなりのお気に入りの1挺であったことは有名な事実ですし、現代では Hilary Hahn が録音デビュー後少なくとも10年ほど愛用していたため、CDでその音色を聴くこともできます。

フランスのマスター・ヴァイオリン※用語の中心的な価格帯は2008年現在100〜2500万円前後です。特に高い評価を受けているのは N.Lupot、 Français Louis Pique (1758-1822)、J.B.Vuillaume の楽器で、それ以外のメーカーは〜1000万円前後となります。

ページの先頭に戻る