Sesto Rocchi
[San Polo; 1909-1991]
セスト・ロッキ

Parma の製作学校で Gaetano Sgarabotto に師事し、続いて Leandro Bisiach の工房で研鑽を積む。多数のオールド楽器を扱っていたディーラーでもあった Bisiach の下での経験は、 Rocchi の作風に奥行を与えることに大いに寄与した。当代最高の製作者であった師匠達からイタリアのヴァイオリン製作の王道を受け継ぎ、オーソドックスな美しさの中に確固たる意志を感じる力強い作品を製作した。1952年から1966年にかけて、国際コンクールで17回の受賞歴がある。
戻る