Claude Auguste Thomassin
[Paris; 1870-1942]
クロード・オーギュスト・トマッサン

出自について、かつては Louis Joseph の息子とされ、最近では従兄弟であったとされている。 Charles Nicolas Bazin の下で18年修行をした後、 Paris の Gand & Bernardel の工房で働き始め、この工房が1901年に Caressa & Français に引き継がれた際に独立した。 François Nicolas Voirin に影響を受けた流麗な製作スタイルが特徴である。その腕を見込まれ、独立後も以前の職場から製作注文を受けていた。このような経緯から、自身のスタンプの他、 Gand & Bernardel、 Gustav Bernardel、 Caressa & Français 等のスタンプの弓が存在する。
戻る