Gaetano Sgarabotto
[Vicenza, Milano, Parma, Brescia; 1878-1959]
ガエタノ・ズガラボット

近代の重要な製作者の一人。しばらく生地Vicenzaで製作を行った後、1901年Milanoに移りL.Bisiachの工房でAntoniazzi兄弟らと共に製作を行う。1926年からParmaに移住、ヴァイオリン製作学校では校長を務め、息子Pietroと共に教鞭をとった。その後Vicenza、Bresciaと居を移し、晩年はParmaで過ごした。多彩なモデルの楽器を製作したが、N.AmatiやA.Stradivariに着想を得た王道のモデルを好んで製作した。また、オールド名器をはじめとする著名作品の精巧なイミテーションの製作においても、類稀な才能を発揮している。
戻る