Otello Bignami
[Bologna; 1914-1989]
オテッロ・ビニャーミ

音楽学校でヴァイオリン演奏を専攻したものの、ヴァイオリン製作に魅せられ、戦後から楽器製作の道に進んだ。1952年から同郷の名工G.Pollastriに教えを請い、すぐに非凡な才能を発揮。1956年Roma、1957年Poznan、1976年Bagnacavalloなどで数々の賞を獲得した。晩年にはBolognaにヴァイオリン製作学校を設立し、後進を指導した。Cremona派の古典的なモデルやPollastri兄弟を模したモデルなどを製作。名演奏家D.Oistrakhから注文を受けていたことからも、作品のポテンシャルの高さが窺える。
戻る