Giuseppe Pedrazzini
[Milano; 1879-1957]
ジュゼッペ・ペドラッツィーニ(ペドラツィーニ)

出生地クレモナ(Cremona)から1903年ミラノ(Milano)に移住し、ロメオ・アントニアッツィ(Romeo Antoniazzi, 1862-1925)の助言を得ながらヴァイオリン製作を学び、後に独立。1920年ローマ(Roma)や1937年クレモナの製作コンクールおよび展示会で金メダルを獲得するなど、その製作技術は高く評価され、現代では最も重要なモダン・イタリアンのひとつに数えられる。主にストラディヴァリ(Antonio Stradivari, 1644-1737)、ガダニーニ(グァダニーニ、Giovanni Battista Guadagnini, 1711-1786)、アマティ(Nicolò Amati, 1596-1684)などに着想を得た、様々なモデルを製作した。弟子や共同製作者にガリンベルティ(Ferdinando Garimberti, 1894-1982)、パラヴィチーニ(Piero Parravicini, 1889-1957)、甥のノヴェッリ(Natale Novelli, 1908-1981)等がいる。
戻る