09.22 Fri 18:51
§ヴァイオリニストの逸話-ミルシテイン

かのハイフェッツの同門…なのは事実ですが、わざわざそんな枕詞を付けて語られることも少ないように思われる大ヴァイオリニスト。どんなタイプの演奏家なのでしょうか?パールマンは次のように語っています。

「彼は古今東西最も音が明瞭・透明なヴァイオリニストだ」

まさしく言い得て妙といったところ、なるほどと思わせるコメントです。彼の演奏は音色もフレージングも非常に明瞭で、独特の気品があります。バロックの時代の楽曲からパガニーニのような難曲まで、そのスタイルは全く同等で、技巧性を強調しないその演奏スタイルが逆にとてつもない演奏技術の裏付けを感じさせます。彼が練習の虫だったことは有名で、ギトリスは次のように回想しています。

「彼は毎日毎晩、来る日も来る日も練習していたよ。私が彼に会いに行った時も練習していた。何十年も弾いているような楽曲を取り出しては『もっと明瞭なフレージングができる指使いを発見したぞ!』と喜んでいる。まるで時計職人のような人だ。演奏はもう完璧と言う他ないね。」

そんな彼の性格を感じさせる彼自身のコメントがあります。

「僕には難しいという言葉の意味がわからない。その曲は弾けるのか、弾けないのか、それだけだよ。」

1925年、ヨーロッパでの演奏旅行を目的として、ソビエトの若き音楽家3人が出国を許可されます。彼らは西側諸国での小遣い稼ぎに、何の変哲もないカフェバーでトリオで演奏したそうです。そのメンバーはピアノのルービンシュタイン、チェロのピアティゴルスキー、そしてミルシテインでした。今、そんな夢のようなカフェバーがあるのなら是非行ってみたいものです。

その後、ミルシテインは二度とソビエトには帰りませんでした。彼自身はその理由を次のように語っています。

「私はソビエトを出国した時とても良い気持ちだった。二度と戻って来ないとも思っていなかった。正式に出国しただけで、逃げたわけでもない。ただ、その後帰ることがなかったというだけだ。」


[0]HOME

(C)チャキ弦楽器

上の画面はチャキ弦楽器の携帯サイトを擬似表示したものです
コンテンツは携帯電話とまったく同様にご利用頂けます
画面表示は携帯電話でご覧になった際と多少異なります

携帯電話からのご利用方法

チャキ弦楽器Mobileは下記3キャリアに対応しています。ご利用方法は下記の通りです。

  • i-mode®はNTT DoCoMo, Inc.の登録商標です。
  • EZweb®はKDDI Corp.の登録商標です。
  • Y!Keitai®はSoftBank Mobile Corp.の登録商標です。

  1. 直接URLを入力する

    http://chaki.jp/m/

  2. QRコードでURLを携帯電話に読み込む

    右のQRコードを携帯電話のカメラでバーコードリーダー機能等を用いて読み取って頂きますと簡単にアクセスできます(対応機種)。

  3. 携帯メール宛にURLを送信する

    下記フォームにお客様の携帯メールアドレスを入力して送信ボタンを押して下さい。URLがメールで送信されます。

チャキ弦楽器ウェブサイト:http://www.chaki.jp/
Copyright © 2007-2017 Chaki Fine Stringed Instruments Co., Ltd. all rights reserved.